<   2005年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

釉薬のなまえ

陶芸教室では日々、新しい釉薬がテストされている。
なかなか採用されないのですが、「こんな釉薬を作ってみたい」と
言い出した人の名前が、我が教室では冠になる決まりです。

例えば、山田織部とかすずきマット、っとこんな感じになはず、、、。

そして現在テストされている釉薬は「ヒロヒロ釉」、「○○青磁」、「アルミナ化粧」
などです。いったいなんの事だか分かんないですね。乞うご期待!!
[PR]

by kamakura-dan | 2005-04-29 01:07 | 陶芸教室  

たけのこ

この時季、たけのこを頂く機会が多くなります。
たけのこは待ってくれません。掘り出して時間が経つとすぐアクが出てしまいます。
それで慌てて皮を剥き、鍋に入れてみるのですが大きくて入らない!!
包丁を入れるとあっと言う間に4〜5本になってしまいます。
3人家族ではとうてい食べきれない量です。
下湯でって、とっても手間ですね。ゴミも沢山出るし肝心の糠が無かったりしますから。

皮を剥いだら湯だったタケノコが出てくればいいのに。
[PR]

by kamakura-dan | 2005-04-27 23:21  

片付けました。

棚をやっと整理して道具の場所も多少移動し、使い易く片づけました。
なぜって??仕事やる気モードになっているからなんですよ。
このテンションがなかなか持続しないんです。まず、片付けに元気を使っちゃったり
してね(笑)奇麗にして気分を盛り上げていきます。

チャルメラの音色に我家のワン子が「ワオー」って遠ぼえしています。トホホ。
d0029663_2250453.jpg

[PR]

by kamakura-dan | 2005-04-23 22:49 | 陶芸教室  

ひそかに。

ひそかに登り窯を今年中に焚けないか水面下ではたらいています。
実際のところコストは無論のこと、参加人数、人員配置、日程、など
調整しなければイケナイことが山ほどです。そして重要な、何をどう焼く?
ということが、最大の難関です。それが決まらないと上記の事柄が決まらないし
かといって、コストや、人員を考えないで焼ける訳がありません。
なんとかしたいです。
[PR]

by kamakura-dan | 2005-04-22 00:54 | 登り窯  

今日もアシスタント

今日もO先生のところにお手伝いに行った。
今回の仕事は長丁場になる気配がムンムンだ!!
かえって時間に余裕があると、色々展開したくなっちゃったり、
なんとなく気に入らないからと作り直したりして、まだまだ
お手伝いは続きそうだ!!
[PR]

by kamakura-dan | 2005-04-20 22:36  

陶工房の校正

本日、雑誌「陶工房」に連載する原稿の校正が送られて来た。
プロフの写真の写り具合が何となく気に入らないのだが、
いまさら差し替えるのも面倒なのでokにした。

しかし自分の写真写りの悪い事悪い事、唯一いままでの写真で満足
しているのが、高校の卒業アルバムでの部活の集合写真だけなんだな
一体何年前の事か!!

紙面の印象がとてもお堅くなってしまった。次回からはもう少し工夫
して、明るく分かりやすい文体になる様に心掛けたい。
陶工房の出版社、誠文堂新光社のページ
[PR]

by kamakura-dan | 2005-04-19 22:36  

閉鎖??

やきもの業界には無くてはならない存在だったあのサイトが、来月大幅に改定される事となったらしい。事実上の閉鎖だそうだ。そもそもこのサイトはK氏が始めた個人のページだったのだが、途中運営母体が代わり、ある程度収益を上げていかなくてはならなくなったようだ。
ボランティアと会社組織とでは、やはり違いがあったのだろう。とにかく残念でならない。
d0029663_21182095.gif

[PR]

by kamakura-dan | 2005-04-18 21:20  

仕事場は良い空間

仕事場は良い空間

仕事といっても我々の場合、デスクワークはほとんどありませんから、いつも動き回っている感じです。ですからいつも仕事場が奇麗になっていないと仕事がやりづらいのです。しかし片づけは大嫌いで、いざ仕事となった時は大抵汚いままなんですよね。やんなっちゃう。早くアシスタントを雇える位偉くなって掃除をしてもらいたいよ。
[PR]

by kamakura-dan | 2005-04-18 21:15 | 陶芸教室