最近仕事の合間に飲んでいるもの

このところ、毎日の様に仕事の合間に「うめ昆布茶」を飲んでいます。
これがなかなか美味いのです。なんかこう昆布のグルタミン酸のうまみが
土の仕事にあっている感じです。(笑)
思い返せば、学生時代も近くのロクロ場の先輩と「にぼし」をかじりながら
ロクロを回していました。にぼしの「あじ」がとってもロクロに疲れた体には
おいしく感じたのを覚えています。
これが洋物のおやつだと仕事が中断してしまうですね。なぜだか。
みなさんはどうですか?
[PR]

# by kamakura-dan | 2005-05-17 00:10  

登り窯

ここの窯を借りて窯焚を計画しています。
d0029663_2338761.jpg

[PR]

# by kamakura-dan | 2005-05-12 23:38 | 登り窯  

茶碗が茶碗になる時!?

お茶席で使われる茶碗。
もちろんお茶を頂くための道具なのですが、改めて言うまでもなく茶碗を作るのは
とっても難しいものです。

よく先生から「だいぶお茶碗らしくなってきたね」とか、「これは茶碗ではない!」などと
言われる。たしかにお茶碗は決まり事が多いので、まずそれを充分踏まえた作品にし
ようと努力をする。つまり良いと言われている形を模倣するところから始めるのだが、
わたしのようなぶきっちょは、最初から勝負を投げていて自分勝手に茶碗を作ってし
まう。

そのマイ茶碗を先生は「これは茶碗に使える」って言うじゃない〜の。
全然違うのに!
決まり事もすっかり無視してるのに?     どうしてだ??
#まあ、使えると言われるところがまだまだ未熟で「これは茶碗だ!」と言わせる技量はないんだな

つまり先生が言っている「だいぶお茶碗らしくなった」の「らしい」とは単なる形の雰囲気が
「らしい」訳ではなく、観念的なお茶碗足るべき本質を見て「らしい」とか「らしくない」と、
評価しているのだと思う。じゃあいったい「観念的なお茶碗足るべき本質」とは具体的に
どんなものか。おおくの数寄者達がそれを感じ求めて、掴んでいるのは事実なのだけれど。

その本質を得るために、名品と言われている茶碗の写真とにらめっこして、いくらそれらしく作ったところで所詮、茶碗とはほど遠い物ができてしまうだけなのか?
ということは今まで僕が良しと思ってみて来たもの達は、見かけは立派なお茶碗でもその本質がないから茶碗ではない、又、茶碗とは似ても似つかない形や色でも、その本質があるからそれは茶碗なんだといえる「茶碗の形をしたうつわ」がごちゃ混ぜに氾濫していたということだろうか?どうしよう!!

一体いつになったら僕の茶碗が茶碗になる時がくるのだろう??


[PR]

# by kamakura-dan | 2005-05-01 00:18  

釉薬のなまえ

陶芸教室では日々、新しい釉薬がテストされている。
なかなか採用されないのですが、「こんな釉薬を作ってみたい」と
言い出した人の名前が、我が教室では冠になる決まりです。

例えば、山田織部とかすずきマット、っとこんな感じになはず、、、。

そして現在テストされている釉薬は「ヒロヒロ釉」、「○○青磁」、「アルミナ化粧」
などです。いったいなんの事だか分かんないですね。乞うご期待!!
[PR]

# by kamakura-dan | 2005-04-29 01:07 | 陶芸教室  

たけのこ

この時季、たけのこを頂く機会が多くなります。
たけのこは待ってくれません。掘り出して時間が経つとすぐアクが出てしまいます。
それで慌てて皮を剥き、鍋に入れてみるのですが大きくて入らない!!
包丁を入れるとあっと言う間に4〜5本になってしまいます。
3人家族ではとうてい食べきれない量です。
下湯でって、とっても手間ですね。ゴミも沢山出るし肝心の糠が無かったりしますから。

皮を剥いだら湯だったタケノコが出てくればいいのに。
[PR]

# by kamakura-dan | 2005-04-27 23:21  

片付けました。

棚をやっと整理して道具の場所も多少移動し、使い易く片づけました。
なぜって??仕事やる気モードになっているからなんですよ。
このテンションがなかなか持続しないんです。まず、片付けに元気を使っちゃったり
してね(笑)奇麗にして気分を盛り上げていきます。

チャルメラの音色に我家のワン子が「ワオー」って遠ぼえしています。トホホ。
d0029663_2250453.jpg

[PR]

# by kamakura-dan | 2005-04-23 22:49 | 陶芸教室  

ひそかに。

ひそかに登り窯を今年中に焚けないか水面下ではたらいています。
実際のところコストは無論のこと、参加人数、人員配置、日程、など
調整しなければイケナイことが山ほどです。そして重要な、何をどう焼く?
ということが、最大の難関です。それが決まらないと上記の事柄が決まらないし
かといって、コストや、人員を考えないで焼ける訳がありません。
なんとかしたいです。
[PR]

# by kamakura-dan | 2005-04-22 00:54 | 登り窯  

今日もアシスタント

今日もO先生のところにお手伝いに行った。
今回の仕事は長丁場になる気配がムンムンだ!!
かえって時間に余裕があると、色々展開したくなっちゃったり、
なんとなく気に入らないからと作り直したりして、まだまだ
お手伝いは続きそうだ!!
[PR]

# by kamakura-dan | 2005-04-20 22:36  

陶工房の校正

本日、雑誌「陶工房」に連載する原稿の校正が送られて来た。
プロフの写真の写り具合が何となく気に入らないのだが、
いまさら差し替えるのも面倒なのでokにした。

しかし自分の写真写りの悪い事悪い事、唯一いままでの写真で満足
しているのが、高校の卒業アルバムでの部活の集合写真だけなんだな
一体何年前の事か!!

紙面の印象がとてもお堅くなってしまった。次回からはもう少し工夫
して、明るく分かりやすい文体になる様に心掛けたい。
陶工房の出版社、誠文堂新光社のページ
[PR]

# by kamakura-dan | 2005-04-19 22:36  

閉鎖??

やきもの業界には無くてはならない存在だったあのサイトが、来月大幅に改定される事となったらしい。事実上の閉鎖だそうだ。そもそもこのサイトはK氏が始めた個人のページだったのだが、途中運営母体が代わり、ある程度収益を上げていかなくてはならなくなったようだ。
ボランティアと会社組織とでは、やはり違いがあったのだろう。とにかく残念でならない。
d0029663_21182095.gif

[PR]

# by kamakura-dan | 2005-04-18 21:20